中小企業庁委託事業

検索
  • 文字サイズ「小」に切り替えます
  • 文字サイズ「中」に切り替えます
  • 文字サイズ「大」に切り替えます
情報モラル啓発セミナー北海道(情報漏えい最新脅威とは?!最新事例の真相を解説!、情報へのアクセスのしやすさ(アクセシビリティ)が、企業と人の信頼関係を築く!)

開催概要

日時
平成29年9月8日(金)13:00~17:00
(受付12:00から)
場所

札幌全日空ホテル 3F 鳳
北海道札幌市中央区北3条西1丁目2番地9

大きな地図で見る

お申し込み

先着順で受け付けます。定員になり次第締め切りますので、お早めにお申し込みください。定員に満たない場合は当日会場でも受け付けます。

案内チラシダウンロード(PDFデータ/465KB)
参加費
無料
対象
企業の経営者、管理者、実務担当者、インターネットを活用する人
※一般の方もご参加いただけます。
特典
ITコーディネータ資格保有者には、4時間1ポイント分を付与します。
定員
100名

プログラム

※変更の可能性があります。

13:00~13:10 主催者挨拶
13:10~13:45 ビジュアルプレゼンテーション(映像教材上映と解説)
13:45~14:45
講演1
「企業に求められる情報モラルと人権・個人情報保護」
講師
山崎 文明 氏(情報安全保障研究所 首席研究員)
内容
個人情報保護は企業における最重要業務です。サイバー攻撃等の脅威をはじめ、SNSによる従業員の不適切な投稿など、組織が情報を取扱う際に、人権侵害にもつながりうる事態が多発しています。個人情報保護法の改正に伴い、情報管理と活用をさらに強化するための効果的な方法を解説します。
14:45~15:00 休憩
15:00~16:00
講演2
「人権に配慮したカラーユニバーサルデザインと情報アクセシビリティ」
講師
栗田 マサキ 氏(NPO法人北海道カラーユニバーサルデザイン機構 副理事長)
内容
日本人男性の20人に1人が色弱者と言われています。「正常・異常」ではなく「多数派・少数派」という考え方へシフトすれば、人権を尊重した豊かな社会につながります。ご自身が色弱であることからカラーユニバーサルデザインの活動に関わってこられ、ICTを活用した色弱者への配慮について、具体的な体験や取り組みについて解説します。
16:00~17:00 パネルディスカッション(質疑応答を交えて)

講師紹介

山崎 文明 氏

山崎文明氏写真
情報安全保障研究所 首席研究員
大手外資系会計監査法人にてシステム監査に永年従事。システム監査技術者(経済産業省)/英国規格協会公認BS7799 情報セキュリティ・スペシャリスト。システム監査、情報セキュリティ、個人情報保護に関する専門家として情報セキュリティに関する政府関連委員会委員を歴任。
昨年6月にNHKクローズアップ現代「追跡!消えた18億円ATM不正引き出し事件」に解説者として出演。事件の真相に迫る解説が話題を呼んだ。

栗田 マサキ氏


栗田マサキ氏写真
NPO法人北海道カラーユニバーサルデザイン
機構 副理事長
有限会社ソノ―ク 代表取締役、各種デザイン・CG制作、建築設計、ウェブ、オブジェ、装飾品、ロゴなどのデザインや絵画制作、アニメ・ゲームの美術設定等を業務とする。 北海道科学大学客員教授。色覚はP型弱度。北海道CUDO(NPO法人北海道カラーユニバーサルデザイン機構、2006年3月設立)副理事長。

青木 栄二

青木栄二写真
公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 理事
2000年に電気通信事業者からハイパーネットワーク社会研究所へ主任研究員として出向派遣。PFIによる大分データセンター設立プロジェクトや民学官による地域IX構築プロジェクト等、電子自治体や地域情報化を推進。2006年からは事務局長として、2013年の公益財団法人に移行後は専務理事として、財団運営にも携わる。最近は、地方創生関連、国際ネットワーク構築や企業の海外展開支援等について活動中。

渡辺 律子

渡辺律子副所長写真
公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 副所長
子どものネット利用にかかわる問題に対し、2002年より子どもや教員、保護者に向けた情報モラルの研究・普及啓発を始める。その後、企業の情報モラルに係る普及啓発事業に10年以上携わり、インターネット社会における情報モラルの知見を有する。また、教育の情報化に関する調査研究を専門とし、5年前から大分県教育庁教育財務課情報化推進班に所属、教育情報化ファシリテータを務める。

公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所

現総務省・現経済産業省の認可を得て1993年に財団法人として設立。2013年4月1日、公益財団法人へ移行。大分県に本部を置く。よりよい情報社会をめざし、地域における情報基盤の利活用について調査研究、普及啓発活動を実施。情報モラル普及啓発活動やネットトラブル相談対応など、すべての人が安心して安全にネットを利用できる社会を構築するために注力している。

※収集した個人情報は責任を持って安全に管理し、本研究所の研究活動のみに使用させていただきます。ご不明な点、個人情報に関する開示・訂正・苦情等がありましたら、下記のお問い合わせ先までお願いします。

お問い合わせ

公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所(担当:原田、宍戸)
〒870-0037 大分県大分市東春日町51-6 大分第2ソフィアプラザビル4F
TEL:097-537-8180 FAX:097-537-8820
MAIL:moral@hyper.or.jp
WEB:http://www.hyper.or.jp/